【2017年1月号】経営マガジン

記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【経営トピックス】 1ページ 「過重労働」に対する世間の目が厳格化!取引先や協力会社への要求に無理はないか確かめよう

大手広告代理店社員の過労自殺問題が話題になり、「過重労働」に対する世間の目が厳しくなっています。その流れとして、量販店や外食産業では、過重労働の元凶ともいえる「年中無休」「24時間営業」を見直そうとする動きが起きています。過重労働というと、たいてい自社について考えがちですが、取引先や協力会社など他社に対する過重労働についても検討してみましょう。

この記事の続きはこちら>>

【税務・会計ラウンジ】 2ページ 転勤や出向で海外勤務になったら所得税の扱いはどうなる?

日本国内の会社に勤めている給与所得者が、海外の支店などに転勤したり、海外の子会社に出向する場合の所得税の扱いはどうなるのか。所得税法では、個人の納税義務者を「居住者」「非居住者」に区分しています。では、「居住者」と「非居住者」の違いはどこにあるのでしょう?

この記事の続きはこちら>>

【労務ワンポイントコラム】 3ページ 「週1回30分の面談」より「1分間のコミュニケーションを週30回」

部門の生産性と業績を上げるには、上司と部下との密接なコミュニケーションが欠かせません。では、コミュニケーションをよくするには「質」と「量」のどちらが大事でしょうか。答えは「量」です。極端なことを言うと、週1回30分の面談をするよりも、1分間のこまめなコミュニケーションを週30回取るほうが効果的なのです。

この記事の続きはこちら>>

【データで見る経営】 4ページ 老人福祉・介護事業者の新設法人は2年連続減少

東京商工リサーチでは「2015年『老人福祉・介護事業者』の新設法人調査」を実施しました。2015年(1~12月)に新設された老人福祉・介護事業者は3,116社で、2年連続で減少しています。同年の全業種の新設法人は12万4,996社と6年連続で増加している一方、老人福祉・介護事業への新規参入には二の足を踏む状況がうかがえます。

この記事の続きはこちら>>

【経営なんでもQ&A】 5ページ 値引きを要求されたらQ&Aどのような点に注意すればいいの?

ビジネスを行っていると、取引先から「もう少し安くならない?」と値引きを要求されることがしばしばあります。取引したいがために、ある程度の値引きなら渋々応じてしまうことは、よくあるのでは。値引きを要求されたらどのような点に注意すればいいのでしょう?

この記事の続きはこちら>>

【経営トラブル110番】 6ページ 下請取引で、期日が半年後の手形での支払いを強引に提案された!

ある会社の下請取引で、手形での代金支払いを強引にお願いされました。しかも、手形の期日は半年後。当社には半年間手形を寝かせておくほど資金面で余裕がなく、手形割引も難しい状況です。どうすればいいのでしょう?

この記事の続きはこちら>>

【ブックレビュー】 7ページ 誰も得しない「ハラ・ハラ」問題から会社を守る!

 今や会社は「セクシャル・ハラスメント(セクハラ)」「パワー・ハラスメント(パワハラ)」「マタニティ・ハラスメント(マタハラ)」「アルコール・ハラスメント(アルハラ)」など、数々の「ハラスメント」が起こりうる状態です。こうしたハラスメントが社内にあってはなりません。一方で、ハラスメントという大義名分を武器に、言いがかりのようなことを言って周囲を困らせ、職場の雰囲気を悪化させる社員がいるのも事実です。同書ではこうした社員を「ハラ・ハラ社員」と名付けています。

この記事の続きはこちら>>

【経営者のための健康小心】 7ページ 冬本番! 鍋料理との健康的な付き合い方

 冬の食べ物といえば、なんといっても鍋料理です。家族や気の合う仲間と囲んで食べる鍋料理は、心身ともに温まります。年末年始の忘年会や新年会でも、いろいろな鍋料理をいただく機会があるでしょう。
 鍋料理は栄養豊かで「ビタミン類や食物繊維が多く含まれる野菜を、手軽にたくさん食べられる」「多彩な食材をバランスよく食べられる」「魚介類や豆腐など良質のタンパク質を摂取できる」といった利点があります。

この記事の続きはこちら>>

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録