消費者トラブル・クレーマー

クレームの電話が鳴り続けていて、仕事がはかどらない。
理不尽な要求を突きつけられて、どのように対応すべきかわからない。
あらぬ風評被害を流されてしまうのではないかと不安に苛まれている。

nakanishi 企業活動をする中で、消費者からのクレームは日常的に起こりうる問題です。

 クレームには、全く身に覚えのない理不尽なものと会社側にも落ち度のある正当なものとが存在しますが、いずれにしても一つ対応を間違えてしまうだけで、風評被害による売上の減少や企業イメージの低下、採用内定者の辞退など対策を取らなければ経営に支障を来たす可能性が十分に考えられます。

 消費者からのクレームには、使用者側に原因があるクレームと従業員側の理不尽なクレームとがあります。

 使用者側に落ち度がある場合には、謝罪文書の作成や直接交渉など然るべき対応を取る必要があります。

 また、理不尽なクレーマーに対しては、誠実かつ毅然とした態度で要求に応じないことが大切です。一度、要求に応じてしまうと労働者側の要求がエスカレートし、あらゆる要求を突きつけられることにもなりかねません。

 一度和解が成立した際にも、和解合意書を作成し、再度同じようなトラブルを招かないように手を打っておく必要があります。

 弁護士に依頼をすることで、労働者側との交渉や調整を代理で依頼することができます。法的な見地に基づき、然るべき対策を講じます。

 また、理不尽なクレーマーからの要求に対しても、弁護士が毅然とした態度で交渉にあたるので、圧力を掛けることができます。

 当社は企業の法務問題に関してこれまでに数多くの相談に応じてまいりました。

 ただ相手側と争うだけでなく、企業イメージを損なわないための折衝など、長期的な視点でのアドバイスを行っております。

 まずはお気軽にご相談ください。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録