不動産賃貸契約

・理由もなく突然賃料の値上げを告げられて困っている。
・契約が終了した賃貸不動産物件の修繕費用を求められている。
・借主が何ヶ月も賃料の支払に応じてくれない。
・建物を退去した後、敷金が返還されない
・建物を退去した後、高額な原状回復費用を請求された。

_DSC43010001 不動産の賃貸契約は売買取引と比較をすると取引金額が少ない分、契約時の段階でトラブルが起こるリスクを回避していないケースが多いです。

 契約条件の確認をおろそかにしてしまうことで賃貸主・借主それぞれにとって多大な不利益をこうむるおそれがあります。

 契約を結ぶ際にも、ポイントがわからないため、問題が発生して初めてその欠陥に気付かされるということが良くあります。

 賃貸契約におけるトラブルを防ぐためには、内容をしっかりと理解した上で、契約を結ぶ必要があります。

 契約書の条項は、不動産に関わる法律を十分に理解した上で、当事者の意思を確認し、それが正確に条項に反映されるよう、慎重にその内容を規定する必要があります。

 トラブルを未然に回避するためにも法的な知識に基づいた契約書の作成は欠かすことができません。

 また、契約期間満了時に発生する契約の手続きや解約の申し入れ、賃料の改訂や敷金の返還など、賃貸契約にまつわるあらゆる問題に対して、然るべき対応を取る必要があります。

 これらの判断を慎重に行うためには法律の専門的な知識を要するので、適切なアドバイスを受けることが賢明です。

 弁護士に依頼をすることで、契約書の作成から条項の確認、条件の調整など、トラブルを未然に防ぐためのアドバイスを致します。

 また、万が一トラブルが発生した際にも、相手側との交渉や利害関係の調整を代理で行うことが可能です。

 不動産に関わる契約は取引額が大きい分、より慎重で適切な判断が求められますので、弁護士にご相談することをお勧めいたします。

 当社は、不動産問題を数多く経験した弁護士がおりますので、それぞれの状況に応じた対策を採ることが可能です。

 まずはお気軽にご相談ください。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録