個人情報保護法の目的

 個人情報保護法は、第1条で「高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大していることにかんがみ、個人情報の適正な取扱いに関し、基本理念及び政府による基本方針の作成その他の個人情報の保護に関する施策の基本となる事項を定め、国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに、個人情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務等を定めることにより、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的とする」としている。

 現在の高度情報通信社会では、個人情報の利用が著しく拡大しており、この個人情報を利用することが不可欠になっている。そこで、個人情報は保護するだけではなく、個人情報の利用とのバランスが重要であり、個人情報保護法でもこのような個人情報の有用性に配慮しながら個人の権利や利益を保護することを目的としている。

 

(※ 平成27年11月時点で執筆しております。その後の法改正にご留意ください。)

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録