【ブックレビュー】 7ページ 「中小企業の資金調達方法がわかる本」

H28.1_book「無借金で創業した企業」よりも、「借金をして創業した企業」の方が業績は伸びます。たとえば、「自力で100万円を貯め、商品を販売した企業」と「金融機関から1,000万円借入して、商品を販売した企業」があったとします。利益率が20%だった場合、「資金が100万円の企業は20万円」「資金が1,000万円の企業は200万円」と、それぞれ利益が出ます。差は一目瞭然です。

本書では、中小企業が資金調達をやりやすい「借入(融資を受ける)」「受給(助成金や補助金を受ける)」の2つにスポットを当て、手法を解説しています。資金を増やし、事業を拡人していこうと考えている経営者の方は、ぜひお読みください。

 こんな方におすすめ

資金を増やして事業を拡大していきたい経営者

銀行から信頼される決算書を提出したい経営者

事業計画書の作成方法がわからない経営者

 

 

 

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録