【経営者のための健康小心】 7ページ 「社員の『五月病』に目を光らせよう」

4月に新入社員を迎え入れ、新体制を築いた会社は多いと思われます。「やっと今の体制や環境に慣れてきたかな」という矢先にかかりやすいのが「五月病」です。

五月病とは、正式な病名ではありません。4月に年度が変わり、新生活の慌ただしさが落ち着いたころに生じやすい症状です。

●気持ちがさえず、何もする気が起きない

●集中が続かず、考えがまとまらない

●ネガティブな考えばかりが頭をよぎる

●四六時中体がだるい、重い

●出社前に原因不明の頭痛や腹痛に襲われる

●食欲がなく、食べたいものも思いつかない

以上のような症状を示す社員がいれば、五月病への対策を取ったほうが得策です。

主な対策は次になります。

●睡眠時間を確保する

●栄養バランスが整った規則正しい食事

●仲間とのコミュニケーションの機会を大切にする

特に「仲間とのコミュニケーション」は大事です。「五月病かな?」と感じた社員がいれば「大丈夫?」と気軽に声をかけてみましょう。これだけでも大きな支えになります。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録