【労務ワンポイントコラム】 3ページ 「褒め言葉では『YOUメッセージ』と『Iメッセージ』を使い分けよう」

社員の良い部分をしっかりと褒めて認めると、確実に成長します。では、どんな褒め言葉を使えばいいのか。相手に対する褒め言葉は、2つに大別できます。それは「YOUメッセージ」と「|メッセージ」です。2種類の褒め言葉を効果的に使い分けましよう。

「YOUメッセージ」とは、主語が「あなたは」で始まるメッセージ。「(あなたは)よくやった」「(あなたは)頑張った」「(あなたは)仕事が早い」などが挙げられます。これは、相手に対する評価にあたります。

 対する「Iメッセージ」は、主語が「私は」で始まるメッセージ。「(私は)助かったよ」「(私は)期待している」「(私は)うれしいよ」「(私は)感動した」など。相手からどういう影響を受けたのか、どのように心を動かされたのかを、言葉に示します。「YOUメッセージ」と「Iメッセージ」の間に優劣はありません。双方を適宜使い分けることをおすすめします。

 ただし「YOUメッセージ」は「よくやった」「頑張った」と、若干「上から目線」のニュアンスを含みます。なので「年下上司・年上部下」の間では「Iメッセージ」を多用したほうが、人間関係が円滑になるでしょう。

 すぐ使える「褒め言葉サンプル」

一方で、世の中の社長さんや幹部社員には、「褒めべ夕」が少なくありません。ここで、今すぐ使える褒め言葉のサンプルを紹介します。社員がいい仕事をしたときに、即座に言えるようにしておきましょう。

●感謝の気持ちを伝えたいとき

 「ありがとう」「助かりました」「一緒に仕事ができてうれしいよ」「~さんのおかげです」「気を利かせてくれてうれしい」

●一言で効果的に褒めたいとき

 「すごいね」「素敵だよ」「さすが」「素晴らしい」「お見事」「絶好調だね」

 褒め言葉はほかにもたくさんあります。下記にもバリエーションを例示しておきますので、参考にしてください。

 昨今はビジネスの展開スピードが速く、今まで通りの努力で達成できていたことが、3倍の努力をしても成し遂げられない状況になっています。当たり前にやれたことができただけでも、見逃すことなく褒めてみましょう。社員一人ひとりに自信がつき、今まで以上に成長し、企業の業績が上向くでしょう。

ほかにもまだある「褒め言葉」

●具体的な能力を評価したいとき

 「決断力があるね」「アイデアが豊富だね」「聴き上手だね」「教え上手だね」「話がわかりやすいね」

●さりげなく能力の高さを評価したいとき

 「いいこと言うなあ」「よく考えているね」「勘がいいね」「頭の回転が速いね」

●一生懸命な社員に対して

「行動力があるね」「フットワークが軽いね」「努力家だね」「君は必ずやり遂げる人だね」

●成果を上げた社員に対して

 「このレポート、説得力あるね」「さっきのプレゼン、迫力あったよ」「~にかけては天下一品だ」

 

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録