【経営なんでもQ&A】 5ページ 効率的にネットから情報収集する 手段はありますか?

 新しい商品を開発するにあたって、お客様や競合他社の動きを調べることになりました。書籍や新聞だけでなく、インターネットを利用して情報を集めているのですが、なかなか自分が欲しい情報が見つかりません。ネットを使って、効率的に情報を集める手法があれば教えてください。

 マーケティング戦略を考える上で、最初に行わなければならないのが情報収集。競合他社の情報だけでなく、社会全体の動きにも敏感にならなければいけません。現在は、新聞や雑誌などの紙媒体ではなく、ネットを使った情報収集が主流になってきています。

 今回は、莫大な情報量が蓄積されているネットから、効率的に情報を獲得する3つの手法を紹介します。

手法の特徴をつかみ情報収集を行う

1.ニュース配信アプリを利用する

 「NewsPics」や「Gunosy」などが、代表的なアプリとして挙げられます。新聞やテレビ、情報サイトなど、さまざまな媒体の情報が集約されているので、短時間で幅広く情報を集めることが可能です。ただ、事件が起きた日時や場所など、ニュースの表面上の情報しか掲載していない記事が多く、ニュースの詳しい背景を理解することには適していません。

2.Googleアラートに調べたいことを登録する

 Googleが提供しているサービスの一つで、あらかじめキーワードを登録しておくと、検索結果をメールで通知してくれます。定期的な情報収集をしたい方にお勧めです。

 アラートに登録する際は、複数の関連キーワードを選んでください。たとえば、「マーケティング」についての情報を集めている場合であれば、「コンテンツマーケティング」「キャッチコピー」「KPI」など、関係がありそうなキーワードをいくつか登録しておくとで、質の高い情報が見つかりやすくなります。

  1.  3.SNSを確認する

 リアルタイム性が最も高い手段です。最近では、「話題になっているニュース」というカテゴリーがTwitterに追加され、より簡単に情報収集できるようになっています。デメリットとしては、信頼度が他の媒体と比べ低いところが挙げられます。

 以上の3手法の特徴をとらえ、ネットからの情報を集めていきましょう。蓄積された情報は、戦略構築の糧になります。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録