【データで見る経営】 4ページ 利用が広がる クラウドコンピューティング

 メールやファイル管理などのクラウトコンピューティングサービスが有名ですが、それ以外にもさまざまなサービスが台頭してきています。中小企業庁が発表した中小企業白書によると、5年前に比べて利用率は大きく伸びています。みなさんの会社では、クラウトを利用されていますか?

クラウドの利用率は5年で4倍に大企業は約半数が利用

 中小企業庁が発表した、2016年版の中小企業白書によると、中小企業においてクラウドコンピューティングを利用する企業が増えていることがわかりました。クラウドコンピューティングとは、インターネットを利用した情報処理サービス。パソコンにインストールしないので、インターネット環境があれば、場所やブラウザを選ばずに使うことができるものです。メールやファイル管理、クラウド会計などがあります。

 中小企業の利用状況として、2009年には6.8%だったのが、4年後の2013年には27.3%と4倍以上の伸びを見せています。ちなみに、大企業では中小企業よりもクラウドコンピューティングを早く取り入れており、2009年で14.0%、2013年では47.7%と半数近くが利用しています。また、クラウドコンピューティングのメリットとして、導入までの期間の短さや、初期コストの安さ、専門知識の不要などが、挙げられています。

クラウドによる効果は社内の情報活用の活性化が一番

 クラウドの利用において得られる効果として、もっとも割合が高かったのが「社内の情報活性化」で42.8%。「リスク対応・セキュリティ対策」27.8%、「業務プロセス合理化・意思決定の迅速化」25.2%の順でした。バックオフィス業務での利用が多く見られますが、営業・販売力の向上や売上拡大など、さまざまな目的で利用されています。

 技術的にも容易で、低コストで始められるクラウドコンピューティングは、中小企業においても広く使われるようになってきています。サービスも多様化し、活用方法の幅も広がっています。まだ利用したことのない人は、新たなビジネスの可能性を見つけられるかもしれません。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録