【労務ワンポイントコラム】 3ページ  同じ言葉を部下にかけたとき OKにもNGにもなるケースとは?

部下にかける言葉のなかで、明らかなOKワードとNGワードがあります。一方、なかには同じ言葉でもTPOや上司・部下の人間関係次第でOKにもNGにもなる、使い分けが難しいケースがあるのです。果たして、どんな言葉なのでしょう?

 部下へのOKワードの例としては「失敗してもカバーするから思い切ってやれ」「今、君がやって
いる仕事はこんな価値を生み出している」などです。NGワードの例としては「A君と比べて、お前
はダメだな」「君は言われたことだけをやっていればいい」などが挙げられます。
 部下に対しての一言の代表格といってもいい「頑張って」「頑張れ」。この言葉は部下のキャラク
ターや置かれている状況を勘案してから使ったほうがいいでしょう。
 やる気に満ちたエネルギッシュな部下に対して「頑張って」というのは問題ありません。気持ち
が高まり、さらにいい仕事をしてくれる可能性があります。
 一方、プレッシャーに弱いタイプの部下に対しては、「頑張れ」の一言がプレッシャーに拍車をか
けてしまいます。あるいは、スケジュールがタイトで気力と体力が限界に達しているときに「頑張れ」
と言うと、部下は「まだ頑張り足りないのか?」と感じてしまい、逆にやる気が落ちてしまいます。

「前にやったことがあるだろう」は場合によってはOKワード

「 前にやったことがあるだろう」は一見NGワードのように感じられますが、使う状況次第で、
OKワードになります。
 もちろん、部下が失敗したときにこの言葉を使うと、モチベーションは急降下します。嫌味に聞こえるだけです。
 しかし、この一言はときとしてプラスに転じることがあります。以前と同じ仕事を任せるときにこの言葉をかけると「前の仕事を覚えていてくれた」=「自分のことを気にかけてくれていた」と思い、やる気が出る可能性があるからです。
 部下2人に同じ言葉を掛ける際、AさんならばOKでBさんにはNGというケースがあります。また、同じ部下に対しても、調子がいいときにはOKで失敗したときにはNGということもあるでしょう。部下への一言は、想像以上に難しいものです。褒めるときもしかるときも、経営者や上司は常に言葉を選んで、部下のやる気を引き出す言葉をかけましょう。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録