契約書の作成日付は必要?

契約書の作成日付は必要でしょうか。

契約は、申込と承諾という当事者の意思表示が合致することによって成立するのが原則です。

そして、条件が付されていない限り、契約成立時から契約の効力(権利・義務関係)が発生することになります。

この点、契約書には日付を記入することになりますが、この日付は契約書の作成日付を指すにとどまり、契約の成立日や効力発生日と必ず一致するわけではないことに注意する必要があります。

契約書の作成日をもって、契約の成立日及び効力発生日とみなされるのが通常でしょうが、これと異なる場合(例えば、効力発生日を別日にする場合など)は、その旨明記しておきましょう。

作成日付が空欄だと?

契約書は、契約の成立及び内容を裏付ける証拠となります。

証拠となる以上、その契約書の作成日が重要になる場合がありますから、作成日欄を空欄にしたままにすることはもちろん、実際の作成日からバックデイトで記載することも避けるべきです。

契約書に示されている目的物や場所は契約締結日現在のものを指していると考えられますし、契約書の内容には契約締結日現在施行されている各法律が適用されることになりますが、契約締結日が不明(空欄)だと、契約書が示す目的物や場所、適用されるべき法令が明確に特定できません。

また、契約の有効期間が問題となった場合、契約締結日が不明(空欄)だと、有効期間の起算点が分かりません。

このように、契約締結日は契約の履行、解釈等において重要な役割を担っていますから、契約締結日を空欄のままにすることは避けましょう。

契約書作成・チェックの納品までの流れ

 スピード対応!!
☑ 24時間以内にお見積り
☑ 3日以内に納品
☑ 遠隔地のご依頼OK
☑ 英文契約書OK

① 電話又はメールで、「契約書」の見積りを依頼したい旨、ご連絡ください。
(メールでのご連絡は以下をクリックして、問い合わせフォームよりご相談内容を記入して送信してください。)
「問い合わせフォームはこちらをクリックしてください」

② ご連絡後、24時間以内に、当社より「お見積り」をお出しします(お見積り無料)。

③ お客様が「お見積り」をご確認いただいて、正式ご依頼後、契約書の作成・チェックに着手します。

④ 正式ご依頼後、3日以内に納品します。
(※当社の受注状況によっては、1週間程お時間を頂戴する場合があります。)

関連ページはこちら

・契約書を作りたい方

・相手から提案された契約書をチェックしてほしい方

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録