誠実協議条項

条項例

本契約に定めのない事項、又は本契約の解釈について疑義が生じた場合は、甲乙は、本契約の趣旨に従い、誠意をもって協議し、解決するものとする。

条項の意味は?

日本の契約書には、契約書の記載内容等に関して紛争が生じた場合に、誠意をもって協議して解決することを定める条項が置かれることが多いです。

ただし、実際に紛争が発生し、両当事者問の信頼関係が失われた状態においては、紛争解決を協議により解決することは現実的ではないことも多いでしょう。

また、この条項は何らかの法的義務を発生させる効力をもつものではないと考えられています。

誠実協議条項とは、契約遂行過程において、当事者間に当該契約に関する疑義が生じた場合には、まずはお互いに話し合って、円満に解決するようにしましょうという、いわば契約当事者の心構えを確認するというものです。

契約書作成・チェックの納品までの流れ

 スピード対応!!
☑ 24時間以内にお見積り
☑ 3日以内に納品
☑ 遠隔地のご依頼OK
☑ 英文契約書OK

① 電話又はメールで、「契約書」の見積りを依頼したい旨、ご連絡ください。
(メールでのご連絡は以下をクリックして、問い合わせフォームよりご相談内容を記入して送信してください。)
「問い合わせフォームはこちらをクリックしてください」

② ご連絡後、24時間以内に、当社より「お見積り」をお出しします(お見積り無料)。

③ お客様が「お見積り」をご確認いただいて、正式ご依頼後、契約書の作成・チェックに着手します。

④ 正式ご依頼後、3日以内に納品します。
(※当社の受注状況によっては、1週間程お時間を頂戴する場合があります。)

関連ページはこちら

・契約書を作りたい方

・相手から提案された契約書をチェックしてほしい方

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録