代理店契約「損害賠償」

条項例①

第●条(損害賠償)

甲及び乙は、本契約に違反して相手方に損害を与えた場合には、その損害を賠償するものとする。

条項例②

第●条(解除および損害賠償)

1 甲及び乙は、相手方が次の各号のいずれか一つに該当したときは、相手方に対する催告を要せず、本契約を解除することができる。

① 本契約の各条項について重大な違反があるとき。

② 差押、仮差押、仮処分、公売処分、租税滞納処分その他公権力の処分を受け、または整理、会社更生手続の開始、破産もしくは競売を申し立てられ、または自ら整理、民事再生、会社更生手続の開始、破産もしくは競売を申し立てたとき。

③ 自ら振出しもしくは引き受けた手形、または小切手につき不渡りとなる等、支払停止状態に至ったとき。

④ 監督官庁より営業停止、または営業免許もしくは営業登録の取消処分を受けたとき。

⑤ 事業の廃止もしくは変更または解散の決議をしたとき。

⑥ その他資産、信用状態が悪化し、またはその恐れがあると認められる相当の事由があるとき。

2 前項の解除は、損害賠償の請求を妨げない。

条項のポイント

損害賠償につき、損害賠償責任の事由、範囲等を規定します。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録