ホームページ制作業務委託契約のポイント

ホームページ制作業務委託契約書とは

ホームページ制作業務委託契約とは、発注者が受託者(Web制作会社)に対して、ホームページの制作を委託する契約です。

ホームページ制作業務委託契約書のポイント

業務の範囲を明確にします。

仕様変更が必要な場合の手続き、仕様変更に伴う追加報酬の支払の要否を規定します。

また、納入検査の合格条件を明確にし、納入後に不具合が発覚した場合を想定し、修補する不具合の範囲(瑕疵の定義)、修補の条件を明確にします。

その他、主なポイントをご説明します。

業務

業務の内容を明確にします。

仕様が不確定なまま作業を進めると、ある程度作業が進んだ段階で発注者の意向と違う部分が判明した場合、予想を超える作業時間がかかってしまい、そのコストを誰が担うのかという点で争いが起こる可能性があります。

ホームページの制作業務やSEO対策など、制作業務と継続的業務について全ての業務について具体的に明記しましょう。

仕様は、詳細を契約書の別紙にて作成することがあります。

ホームページ関連の制作業務委託契約でトラブルとなりやすい事例の一つに、制作物の仕様を明記していなかったために起こる認識の違いがあります。

例えば、委託者側としては問い合わせフォームを作ってもらうつもりだったのに受託者は制作する必要がないと認識していたような場合です。

このようなトラブルを避けるためにも仕様を明記しておきましょう。

本仕様の変更

仕様について変更が生じる場合には、双方で変更内容について具体的にチェックして、お互いに誤解がないことを確認して合意する必要があります。

そのために、仕様変更時の手続きを規定します。

委託料

支払金額、期日、方法を明確にします。

契約期間

受託者が業務としてホームページの更新や保守管理を受託する場合には、継続的な業務となるので、契約期間を決めます。

契約期間、更新の有無、方法等を規定します。

再委託

再委託の可否を規定します。

再委託ができる場合は、その要件(事前の書面による承諾等)を明確にし、再委託先に対する義務を規定します。

権利帰属

著作権、特許権等の権利帰属を明確にします。

秘密保持

秘密情報の定義を明確にした上で(明示の要否、書面・口頭を問わないのかなど)、秘密情報を第三者に開示、漏えいしないよう、秘密保持の義務を規定します。

秘密情報の保管・管理についていかなる義務が課せられるのかを明示します。

検査

納入時の検査を規定します。

検査の内容、合格基準を明確にします。

また、瑕疵があった場合(不合格の場合)の手続きを明確にします。

瑕疵担保責任

検査完了後、瑕疵が発見された場合の責任を規定します。

瑕疵担保責任を追及できる事由、期間、費用などを明確にします。

損害賠償

損害賠償につき、損害賠償責任の事由、範囲、限度等を規定します。

解除

解除につき、中途解約の可否、解除の事由、方法等を規定します。

合意管轄

紛争になった場合、どこの裁判所に訴えを提起するかを取り決めます。

自社にとって利便性の高い裁判所(自社の本店所在地を管轄する地方裁判所など)を規定します。

 

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録