外国人労働者の給与の設定方法

  • 外国人の給与に対する意識

一般的に、外国人は、日本人より給与に対する意識が強いといわれています。外国人労働者が同じ職場の同僚と互いに給与明細を見せ合い、少なかった者が会社に説明を求めに来たり、苦情をいいに来たりすることもあります。

外国人は、給与は自らの能力、労働に対する評価であると考えていますので、正当な評価がなされているか特に関心が強いのです。したがって、本人の給与額がなぜこの額であるのか、会社が合理的な理由を持って明確に答えられるようにしておくことが重要です。

  • 法令遵守が基本

給与設定の注意点は、まず大前提として、日本人労働者と外国人労働者との間に不合理な差別がないことです。技術、技能に差があるなど合理的な理由がない場合に、国籍等を理由に、外国人労働者の賃金を下げたり、その他の待遇を低くすることは、法令違反となります。

また、給与について、同業他社と比較して妥当な水準を確保することです。外国人労働者は、日本人労働者以上に同業他社にいる外国人労働者の給与を互いに知っていることが多いため、見劣りがするようだと、他社への流出を招いてしまいます。

さらに、社内評価で、評価の客観性、公平性が担保されており、明確な基準があることです。外国人労働者の能力に見合った給与査定や昇進を行なうことが、処遇に対する個々の満足度を上げる上で重要となります。

  • 給与の説明をする

外国人労働者が納得して仕事ができるよう、定期的な面談において、給与や賞与額の根拠となる評価を説明することが大切です。

また、外国人労働者は、給与明細の各種控除項目(所得税の源泉徴収、社会保険料等)に関して、なぜ差し引かれているのか理解できずにトラブルになることがあります。給与明細を渡す前に、日本の税制度、社会保障制度の仕組みとともに、あらかじめ給与明細の内容を説明しておきましょう。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録