【2017年3月号】経営マガジン

記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【経営トピックス】 1ページ トランプ大統領誕生で日本経済はどうなる?

2017年1月20日、ドナルド・トランプ氏が米国大統領に就任しました。トランプ新政権が、米国経済はもちろん、日本経済にどんな影響を及ぼすのか、気がかりなところです。いろいろな意見が挙がっていますが、多くの専門家が「不確実性が高い」と指摘し、見通しが不透明なのが現状です。日本の中小企業は、この先どのように立ち回っていけばよいのでしょうか?

この記事の続きはこちら>>

【税務・会計ラウンジ】 2ページ “本店”とは別の自治体に“事業所”を開設する場合には、「地方税」にご用心

会社を設立する際、本店とは別の場所に事業所を構えるケースは珍しくありません。ただし、本店と事業所が異なる自治体の場合、法人住民税の扱いが異なってしまうことがあるので、注意が必要です。

この記事の続きはこちら>>

【労務ワンポイントコラム】 3ページ 45. 5%の企業が「必要」と回答 外国人労働者の雇用は、今後増えていく!?

現代の中小企業は深刻な人材不足です。今後、中小企業でも、外国人労働者を雇用する機会が増えていくことが予想されます。外国人を雇用すると、どんなメリットが期待できるのでしょうか。また、雇用する際に気を付けるべきこととは何でしょうか?

この記事の続きはこちら>>

【データで見る経営】 4ページ 「酉年法人」はいろいろな意味で希少価値!

2017年の干支は酉(とり)。東京商工リサーチの調査によると、全国にある約260万法人のうち、酉年設立の法人は16万533社あります。十二支のうちの構成比は6.2%で最も少ないという結果でした。

この記事の続きはこちら>>

【経営なんでもQ&A】 5ページ 「安全衛生推進者」「衛生推進者」とはどんな仕事をするの?

Q 当社は間もなく従業員が10人になろうとしています。知人から「10人以上になると『安全衛生推進者』を置かないといけない」と言われました。この「安全衛生推進者」とは、具体的にはどんな仕事をするのですか?

この記事の続きはこちら>>

【経営トラブル110番】 6ページ 賞与支給日を延期したら、直前に退職した社員から「賞与を支払って」と請求が来た!

当社では毎年12月20日前後に冬の賞与を支給することになっています。しかし、当社の諸事情で、支給日が翌年の2月1日に延期せざるを得なくなりました。2月に入ってから、1月末に退職した社員が「もともとの賞与支給日には在籍していたので、賞与を支払ってほしい」と請求してきました。この場合、退職後で
も払う必要があるのでしょうか?

この記事の続きはこちら>>

【ブックレビュー】 7ページ 相続に関するあらゆる悩みごとを解決!

「 相続なんてまだ先のこと」と考えている方は多いのではないでしょうか。しかし、人生において避けては通れない問題です。
「うちは相続税を払う必要があるのか?」「いくら払うのか?」「節税の方法はないのか?」など、いろいろな悩みにぶつかります。

この記事の続きはこちら>>

【経営者のための健康小心】 7ページ オフィスの花粉症対策は全社的に!

 3月が近づくと、花粉症の方には頭の痛いシーズンがやってきます。くしゃみ、鼻水、目のかゆみといった症状のつらさは、花粉症にかかった人でないと理解できません。
 花粉症のさまざまな症状は、仕事における集中力や判断力を鈍らせ、生産性を低下させます。花粉症を撲滅するためには、以下のような対策を徹底すると理想的です。

この記事の続きはこちら>>

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録