【2017年10月号】経営マガジン

記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【経営トピックス】 1ページ 有効求人倍率がバブル期超え!就職支度金で囲い込みを図る企業がでてきている

厚生労働省によると、2017年6月の有効求人倍率は1. 51倍になりました。この数値はバブル期の有効求人倍率である1.46倍を超えており、高度経済成長期だった1974年2月以来の1.53倍に到達しそうな勢いです。雇用の売り手市場が続いている中、囲い込みのために内定者へ支度金を支払う企業がでてきています。

この記事の続きはこちら>>

【データで見る経営】 2ページ 「商品的魅力」よりも「人的魅力」を消費者は求めている

2017年6月19日に企業広報戦略研究所が「第2回企業魅力度調査」が発表しました。本調査は全国1万人に実施されたもので、質問は「人的魅力」「会社的魅力」「商品的魅力」の3つの要素で分けられています。今回の調査結果を見ていきながら、消費者のニーズがどこにあるのかを探っていきましょう。

この記事の続きはこちら>>

【税務・会計2分セミナー】 3ページ 赤字になったら前期の法人税を取り戻せる 「欠損金の繰戻しによる還付」制度とは?

黒字経営にこだわりを持ち、キャッシュフローの改善を試行錯誤している経営者は多くいらっしゃるでしょう。とはいえ経済環境の急激な変化も起こり得る昨今、急に経営悪化によって赤字経営になることも少なくありません。「今までは黒字決算だったけど、今期は赤字決算になってしまった!」というときに、前期に納付した法人税の一部を戻してもらえる「欠損金の繰戻しによる還付」制度を解説します。

この記事の続きはこちら>>

【労務ワンポイントコラム】 4ページ  短時間労働者にも社会保険を適用して 魅力ある企業を構築しよう!

2017年4月から、従業員500人以下の企業に勤める短時間労働者も社会保険が適用されることになりました。社会保険の適用を拡大すれば、将来の不安を少しでも解消できる働きやすい職場づくりが可能となります。今回は社会保険の適用が認められるための要件をご紹介します。

この記事の続きはこちら>>

【社長が 知っておきたい 法務講座】 5ページ  見えないところで起こっているかも? マタハラの防止措置が義務化された

妊娠や出産を理由に職場で不当な扱いを受ける「マタニティーハラスメント(以下、マタハラ)」。マタハラ問題を放置していると、経営者も管理責任を取らされることになります。今回は、マタハラの実態と対処法についてご紹介いたします。

この記事の続きはこちら>>

【増客・増収のヒント】 6ページ  情報共有する組織文化を生み出すには クラウド型の情報共有ツールが便利!

社員同士の情報共有は会社を成長させるうえで欠かせません。特に得意先や競合会社の情報は、売上に直結する可能性があります。ただ、社員同士が自然と情報共有できる組織をつくるのは困難です。今回は情報共有に役立つツールを紹介いたします。

この記事の続きはこちら>>

【経営なんでもQ&A】 7ページ  英語教育を社内制度にするときの注意点は?

Q 海外展開を視野に入れているのですが、社内に英語を話せる人がいません。社内制度として英語教育を充実させたいと考えているのですが、注意点はありますか?

この記事の続きはこちら>>

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録