【2018年3月号】経営マガジン

記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【経営トピックス】 1ページ 世界各国で巻き起こるレトロブーム――デジタルとの融合が人気!?

近年、欧米や日本、韓国などでレトロブームが起こっています。中古品買取・販売サービスの『マーケットエンタープライズ』の調査によると、2017年のレコードプレーヤー販売量はCDプレーヤーの50%に迫る勢いだったようです。では、なぜ今レトロブームが起こっているのでしょうか? 今回は、その理由と経営に活かせるヒントに迫ります。

この記事の続きはこちら>>

【データで見る経営】 2ページ 長時間労働は、管理職の働き方が要因!?その①

政府主導で働き方改革が進むなか、長時間労働が改善されないことが問題となっています。そこで、2017年9月に発表された、HR総研と産業能率大学総合研究所の共同調査による『日本企業における社員の働き方に関する実態調査』をもとに、長時間労働の要因を2回にわたって探っていきます。

この記事の続きはこちら>>

【税務・会計2分セミナー】 3ページ 観光を兼ねた海外出張費は、どこまで経費として認められる?

最近は視察と観光を兼ねた“海外視察ツアー”が人気のようです。視察と観光とでは支出する費用の目的が異なることになりますが、その渡航が業務上必要で、かつ通常必要な金額であれば、海外視察などの経費は旅費として処理できます。では、観光を兼ねた海外渡航費の場合は、どのように処理をすべきなのでしょうか?

この記事の続きはこちら>>

【労務ワンポイントコラム】 4ページ  試用期間中社員の解雇には要注意!

会社が新たに従業員を雇う際、その資質や能力、勤務態度などを見極めるため、試用期間を設けることは珍しくないでしょう。仮に、試用期間中に従業員の勤務態度や能力に問題があると判明した場合、その従業員を解雇することは可能なのでしょうか? 今回は、試用期間中の解雇についての留意事項をご説明します。

この記事の続きはこちら>>

【社長が 知っておきたい 法務講座】 5ページ  内部通報をしやすくする法律『公益通報者保護法』とは? 

粉飾決算やコンプライアンス違反が引き金となり、倒産に至る企業が増えています。消費者庁では、公益に反する企業を取り締まるべく、企業の内部通報をさらに促す方向で動いています。今回は、通報者を保護する『公益通報者保護法』についてご紹介します。

この記事の続きはこちら>>

【増客・増収のヒント】 6ページ  物を消費しない時代に求められる商品・サービスとは?

近年、若年層を中心に消費意欲が低下し、貯蓄する傾向が続いていることが内閣府の調査により明らかになっています。そんななか、最低限の物しか持たない生活スタイルを目指す”ミニマリスト”という言葉も生まれています。一方、消費意欲の低下は高齢者にも波及し、貯蓄の結果、3,000万円以上の資産を持つ富裕層高齢者の割合も増加しています。このような物を消費しない時代に、どのような商品やサービスが求められているのでしょうか?

この記事の続きはこちら>>

【経営なんでもQ&A】 7ページ 取引先との居酒屋での飲食代は、会議費として計上できる?

Q 居酒屋でお酒を飲みながら取引先と打ち合わせをしました。1人あたり税込5,000円以下で収まったのですが、交際費ではなく会議費として計上できますか?

この記事の続きはこちら>>

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー