【2018年8月号】経営マガジン

記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【経営トピックス】 1ページ 慢性的な人手不足の課題解決は“業務プロセスの見直し”がカギ

少子高齢化により生産年齢人口が減少傾向にある昨今。中小企業の当面の課題は人手不足ですが、一企業の努力でそれを解決するのは難しい部分もあります。そこで中小企業庁では、現在いる従業員を最大限活かすための業務の効率化を急務と捉え、そのための“業務プロセスの見直し”を推奨しています。

この記事の続きはこちら>>

【データで見る経営】 2ページ 経営のさらなる長期安定化が見込める産業とは?

経済産業省が今年2月に発表した『平成29年企業活動基本調査』によると、主要産業における一企業当たりの純資産が増加傾向にあることが明らかになりました。このことから、各企業の自己資本比率も上昇し、全体では経営の安定化が進んでいることがわかります。また、今回の調査で、今後さらなる経営の安定化が期待できる産業が見えてきました。

この記事の続きはこちら>>

【税務・会計2分セミナー】 3ページ 大法人の『電子申告の義務化』が決定!将来は中小企業も義務化される!?

平成30年度税制改正で『電子情報処理組織による申告の特例』が創設され、一定の法人には、法人税と消費税を電子情報処理組織(以下、e-Tax)で確定申告することが義務づけられました(以下、電子申告の義務化)。今回は、この『電子申告の義務化』の概要と、e-Taxのメリットについて解説します。

この記事の続きはこちら>>

【労務相談室】 4ページ  『特別休暇』と『年次有給休暇』の使い分けはどうすればいい?

Q 当社で福利厚生の一環として、誕生日を迎える社員向けに『バースデー休暇』を、長期にわたって勤めてくれた社員向けに『リフレッシュ休暇』を与えるなど、いろいろな特別休暇を導入したいと考えています。何か必要な手続きはあるのでしょうか?また、これら特別休暇と一般的な年次有給休暇とは、どのように違うのでしょうか?

この記事の続きはこちら>>

【社長が知っておきたい法務講座】 5ページ  ECサイトを始める時に知っておきたい法律事項

経済産業省によると、2017年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、約16. 5兆円(前年約15. 1兆円)に拡大。商取引の電子化が進展していることが明らかになりました。このような状況下で、もしあなたが化粧品や健康食品の販売会社を立ち上げた場合、必要となってくるのは『ECサイト(自社商品を独自で販売するサイト)』ではないでしょうか? 今回は、ECサイトを始めるにあたって知っておきたい法律事項をご紹介します。

この記事の続きはこちら>>

【増客・増収のヒント】 6ページ  生産性の向上につながる従業員の『多能工化』とは?

深刻な人材不足を背景に、一人の従業員が複数の業務や工程を受け持つ、いわゆる“多能工化”が求められています。これまでのような、一つの業務を専門的に行う単能工を減らし、多くの社員を多能工にすることで、少ない人員でも生産性を上げることができ、また社員側の負担を減らすことも可能になります。今回は、企業と従業員、双方にメリットのある多能工化についてご紹介します。

この記事の続きはこちら>>

【経営なんでもQ&A】 7ページ ストレスチェックを受けた社員が医師の面接指導を受けやすくするには?

Q 『労働安全衛生法』のもとストレスチェックを行った際、医師の面接指導が必要だと判断された社員がいました。しかし、その社員から面接の指導の申出がありません。会社でできる対策は何かありますでしょうか?

この記事の続きはこちら>>

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー