【2018年11月号】経営マガジン

記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【経営トピックス】 1ページ 被災時に頼りになる災害復旧貸付制度や返済条件の緩和とは?

2018年7月、台風と前線の影響による記録的な大雨で、西日本を中心に各地で甚大な被害が出ました。政府はこれを受け、全国11府県110市町村に対し、『災害救助法』を適用。被害を受けた中小企業に対し、災害復旧貸付の実施や、債務の返済条件緩和を要請するなど支援を行いました。災害に備えて、被災時には企業としてどんな支援を受けられるのかを知っておきましょう。

この記事の続きはこちら>>

【データで見る経営】 2ページ 過労死はなくなるか?今なお続く“時間外・休日労働”

規定の時間を超えた長時間や時間外の労働を強いられ続けることは、深刻な心身の健康被害をもたらしかねず、ときには死亡や自殺のリスクを引き上げるものとして問題視されています。しかし、なかなか早急な解決には至っていないのが現状です。根本的な是正、改善に向けて、企業は何を重要視すべきなのでしょうか。

この記事の続きはこちら>>

【税務・会計2分セミナー】 3ページ もうすぐ実施!軽減税率制度をわかりやすく解説

2019年10月1日、10%への増税と同時に、税率の引き上げに伴う低所得者への配慮として『消費税の軽減税率制度』が実施されます。今回は、軽減税率の対象品目はどんなものがあるのか、また軽減税率制度が業務にどう関係するのかについて解説します。

この記事の続きはこちら>>

【労務ワンポイントコラム】 4ページ きちんと理解していますか?休憩時間の正しいルール

従業員の健康を守るため、労働時間中の休憩時間には、長さやタイミングが決められています。これを正しく知っていないと、気づかないうちに従業員を違法な状態で働かせてしまうことにもなりかねません。ここでは、働くうえで身近な休憩時間のルールについて、わかりやすく解説します。

この記事の続きはこちら>>

【社長が知っておきたい法務講座】 5ページ 急増するスモークハラスメント!実践したい職場の受動喫煙防止策

職場での喫煙に関する問題が増えています。“スモークハラスメント(以下、スモハラ)”とも呼ばれる受動喫煙のトラブルは、近年では従業員が企業へ損害賠償請求訴訟を起こすまでに発展することも。従業員の健康を守りトラブルを防ぐために、企業は受動喫煙防止対策としてどのようなことを行えばいいのでしょうか?

この記事の続きはこちら>>

【増客・増収のヒント】 6ページ  資料請求から始まるお付き合い! 効果的なアプローチ方法

お客様との出会いにはいろいろな形があります。なかでも資料請求は、自社の商品やサービスに興味を持っていただく貴重なチャンス。そして、そのお客様の情報を分析し、アプローチの計画を立てる足がかりともなります。今回は、資料請求を増やすための効果的なアプローチ方法をご紹介します。

この記事の続きはこちら>>

【経営なんでもQ&A】 7ページ 遅刻を繰り返す社員への減給は違法?

Q 理由がはっきりせず、何度も遅刻を繰り返す従業員がいます。対応をせずに放っておくと、不公平感からほかの従業員にも影響がありそうで困っています。このまま続くようであれば減給や解雇も考えていますが、法的に問題はないのでしょうか? また、会社としてどのような対処をすればよいでしょうか?

この記事の続きはこちら>>

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー