【2019年11月号】経営マガジン

記事提供:相続・贈与相談センター本部 税理士法人エクラコンサルティング

【経営トピックス】 1ページ 何もせずに高報酬?大きなリスクを伴う“取締役の名義貸し”

その会社の経営には関与せず肩書だけの取締役に就任する、いわゆる『名義貸し』が行われることがあります。名義貸しの依頼者はメリットを語ってくるでしょうが、もちろんノーリスクではありません。今回は、取締役の名義貸しを引き受けた場合のリスクについて、お伝えします。

この記事の続きはこちら>>

【データで見る経営】 2ページ 海外進出する際、『現地法人化』と『支店化』どちらがよい?

2019年5月に公表された『第48回海外事業活動基本調査概要』によると、現地法人の従業員数は増加し、撤退企業は減少との傾向が報告されています。事業の海外進出を視野に入れた場合、現地法人化と支店化、どちらの形態がよいのでしょうか? それぞれの特徴をご説明します。

この記事の続きはこちら>>

【税務・会計2分セミナー】 3ページ 節税保険が販売休止!今後、経営者が取るべき節税対策とは?

節税対策として人気の法人向け保険商品ですが、2019年4月に抜本的な規制がかかる可能性が国税庁から指摘されたことを受け、多くの商品が販売休止に至りました。そこで、規制の背景と、今後の節税対策についてご紹介します。

この記事の続きはこちら>>

【労務ワンポイントコラム】 4ページ 『BCP』で災害などの緊急時における社員への対応を決めておこう!

いつ起こるかわからない自然災害。大地震や台風などに見舞われ、帰宅困難となった社員が外泊やタクシーを利用した場合などについて、労務管理上の対応策は考えていますか? 
東日本大震災を契機に、緊急事態に備えた『BCP(事業継続計画)』の策定が求められています。

この記事の続きはこちら>>

【社長が知っておきたい法務講座】 5ページ パート従業員の解雇に際し知っておくべきポイントとは?

時間や労働力の調整がしやすく、企業側にもメリットが多いパートタイム雇用。だからといって簡単に解雇や雇止めをすることはできません。パート従業員や派遣社員でも解雇や雇止めをするにはさまざまな決まりがあります。これらの注意すべき点についてご説明します。

この記事の続きはこちら>>

【増客・増収のヒント】 6ページ  見込み顧客を評価する?『スコアリング』が増収に必要な理由とは

マーケティングでは、見込み顧客の取る行動を二択で扱うことが多くあります。たとえば、商品を購入するかどうか、会員を抜けるかどうかといったことなどです。企業としてはこれらを予測してよりよい結果を導きたいところ。それを可能にするのが、『スコアリング』という手法です。

この記事の続きはこちら>>

【経営なんでもQ&A】 7ページ 従業員の発明に対して報奨金を支払う必要はあるのか?

Q 従業員の職務発明で会社に利益がもたらされましたが、この従業員には対価を支払うべきでしょうか?

この記事の続きはこちら>>

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー