【労務ワンポイントコラム】 3ページ「採用ミスが社内に与える影響とは?コストを意識してシビアな目を持とう」

「いいと思った人材を採用したけれど、3ヵ月で辞めてしまった」。こんなケースは珍しくありません。しかし、採用ミスを「ま、いいか」と流してはいけません。どんな点が問題だったのかを分析する必要があります。コスト意識とシビアな目を持ちましょう。

例えば、社員を1人採用して、数力月で辞めてしまったら、どれほどのロスが生じるのでしょう。各種求人広告の費用、採用に携わった社員の人件費、採用後研修・指導を行った社員の人件費、辞めた社員の数力月分の給料など、すべてを合計すると、少なくても100万円は下らないでしょう。こうした例が年に数度あると、大きな損失になります。

研修や指導にかけた時間と手間が短期間での退職ですべて水の泡

採用ミスは、各方面にどのような影響を与えるのでしょう?

・社員の仕事を阻害し、時間を食いつぶす

新人が入社すると、多くの社員が研修や指導にあたります。その結果、会社になくてはならない戦力に成長したら、コストを十分に回収したことになります。しかし、手間と時間をかけたにもかかわらず、数力月で辞めてしまっては、既存社員が研修や指導にかけた時間と手間は、すべて水の泡。単なる損失になってしまいます。

・企業ブランドが傷つく

どんな理由であれ、社員が入社数力月で辞めると、辞めた社員は会社に対して好印象を抱くはずがありません。すると、その旨が辞めた社員の周囲に伝わり、会社の悪評が立ちます。さらに「あの会社はブラック企業だ」と誤解され、インターネットの各種掲示板に悪口を書き込まれたりします。すると企業ブランドに傷がつき、ダメージを受けるでしょう。

・残された社員のモチベーションが落ちる

常に次々と人材を採用し、その多くがすぐに辞めてしまっては、既存社員に悪影響を与えます。「せっかく戦力として期待したのに」と落胆する社員もいるでしょう。あるいは「どうせこの人もすぐ辞めるのでは」と思い、指導に真剣になれなくなる社員が出てくるかもしれません。真剣さに欠ける指導が相手に伝わり、辞めていくという悪循環を生みだしかねません。

採用ミスは社内に大きな影響を与えます。これまでの採用基準や人員体制に問題はなかったか、見直してみることをおすすめします。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録