【労務相談室】 4ページ  フルタイムで働くパート社員の社会保険を未加入にできる?

Q 当社は弁当や総菜の製造・販売をしています。従業員は10人前後が入れ替わりながら働いている状態です。フルタイムで働いているパート社員の社会保険を未加入にしたいのですが、それは可能なのでしょうか?

A 法人の場合、従業員が1人でもいると強制加入となります。個人であれば、『従業員数』と『事業の種類』によって判断されます。

事業所が社会保険に加入する基準

 事業所が健康保険に加入するかどうかは、以下の3つによって決まります。

●事業の態様(法人・個人)
●従業員数
●事業の種類

 法人であれば、従業員が1人でもいれば強制加入となります。
 個人の場合、従業員が5人以上であれば強制加入の対象となりますが、非適用事業であれば加入する必要はありません。非適用事業とは以下の通りです。

●農業
●牧畜業
●水産養殖業
●漁業
●サービス業(ホテル、旅館、理容、娯楽、スポー ツ、保養施設などのレジャー産業)
●法務(弁護士、税理士、社会保険労務士など)
●宗教(神社、寺院、教会など)

 今回のケースは、弁当や総菜の『製造』と『販売』を行っているので、強制適用の対象となります。

飲食・料理業が『主なる事業』であれば、保険加入は強制されない

 これに対して、飲食・料理業は以下の理由から非適用事業となります。『料理店・飲食店等は物の販売のみが目的ではなく、場所の提供、サービス等も含んでおり、社会通念上も販売業とは区別されている』(昭18・4・5・保発905号)。

 一つの事業所で異種の事業が併存的に行われる場合は、『一つの事業が他の事業に従属附帯するときは、「主なる事業」と一体的にその適用を決定』します(昭25・11・30保文発3082発)。
 『主なる事業』が販売であれば、従業員が5人以上の場合に限り、社会保険に加入する義務が生じます。『主なる事業』が飲食店であれば、従業員規模に関係なく非適用事業所として扱われます。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー