外国人労働者が納得できる人事・評価制度の導入

  • 人事・評価制度の重要性

外国人労働者は、給与やキャリア形成を特に重視します。

外国人労働者を定着させるためには、社内で有意義なキャリア形成が見込め、キャリア形成に影響を及ぼす人事・評価制度を客観性、公平性のあるものにしなければなりません。

日本企業では、日本人労働者のみが優遇されて、外国人労働者が定着しないという事態が起こりがちです。

外国人労働者の転職の理由として、役員や主要な部署のトップの多くが日本人のみであること等が挙げられています。外国人労働者と日本人労働者がお互いに納得できる人事・評価制度を導入しましょう。

  • 望ましい人事・評価制度の内容

人事・評価制度は、客観性、公平性があることが重要です。まずは、評価項目と評価基準を決めます。

そして、評価の仕組みを社員全員に公表します。その上で、各社員の目標を具体的に設定し、評価時期に達成率を算出するなど、誰でも理解できるシンプルなものにするとよいでしょう。目標を設定し、その達成度合いを数値化することで、社員の仕事ぶりが目に見える形となり、評価の客観性を保つことができます。

目標を設定するにあたっては、無理のない適正かつ妥当な目標となるように上司が社員本人と個別に話し合う必要があります。話し合いでは、業務の成果目標を決めるだけではなく、上司が目標を達成するために必要な知識・技能等もあらかじめ示しておくと、目標の達成方法がよりイメージしやすくなります。

例えば、目標未達の原因が日本語能力不足にあるのであれば、上司が面談で、語学学校に通う等、日本語能力向上のための方法を提案し、日本語能力検定1級の取得等、目標となる技能も併せて示すとよいでしょう。

また、複数の人からの評価を反映し、評価を社員本人にフィードバックしてください。個別の面談を行ない、どのような評価なのか、なぜこのような評価なのか、どうしたら評価が上がるのか等を伝えるようにしましょう。

ご相談予約専用フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)0120-066-435 無料相談受付中
  • メールでのご予約はこちら
  • ご相談の流れはこちら

新着情報・セミナー情報

NEWS LETTER バックナンバー

無料メルマガ登録